ボニック

ダイエット ジョギングがつらいなら。

ジョギングとウォーキングどっちがいい?



どう思います?
悩むところではないでしょうか?
”ジョギングはつらい””ウォーキングは効果が薄そう”
そんな風に思ってるあなたに今日はこんな情報です。

息切れをするようなら無酸素運動になっている。



有酸素運動は効果が高いというのは皆さんご存知でしょうけども
ジョギング中に息切れがおこるなら、すでに無酸素運動なのです。

目安として、心拍数を120くらいでキープして20分以上の運動をすると効果があるといわれています。それ以上の負担は無酸素運動になってしまいます。

ウォーキングの目安



一般的な心肺機能であれば時速7.5キロ以上でのウォーキングが一番効果的です。
時速7.5キロで30分歩くと300キロカロリーの消費になります。
つまり3.75キロを30分で歩けば300キロカロリーの消費になります。


3,75キロ。自転車でちょうどいい距離ですね。
これをウォーキングに変えるだけで、効果が高いと言われる運動になります。


じゃあジョギングって?


心拍数は120くらいと記しましたが。
ジョギングがつらいならすでに120オーバーです。

つまり、ジョギングをするなら
ウォーキングに身体がなれて身体がより
強い運動強度を求めている状態になってから
でいいのです。

ジョギングがしんどいならウォーキングのほうがいいし。
ダイエットという観点に置いても身体機能に合う運動が一番いいのです。

タグ:ウォーキング ジョギング ダイエット 有酸素運動

        効果があったオススメ記事→買っちゃったよボニック(980円の痩身器具)

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。