ボニック

背伸びダイエットのやり方

背伸びダイエットの方法



基本的に行うことは、呼吸のやり方とストレッチ

呼吸は、深呼吸を”鼻から吸って口から吐く”という動作で行ないます。
背伸びは、両手を上に挙げて、手のひらを上に向けます。

そして上記の呼吸法を行いなながら背中を反らせ「伸び」をします。
30秒×2=1分間を一日3回以上行います。

簡単に感じるかと思いますが、
30秒間背中の脊柱起立筋群に刺激を与え続けることがこのダイエット法のポイントです。

過度な呼吸も要りませんし、背骨に負担をかける必要もありません。

また、背伸びダイエットを実行したら、
必ず軽いストレッチをしましょう。15秒程度の簡単にほぐす程度のもので構いません。

普段何気なく行う、”背伸び”をこの方法にするだけでいいのです。
簡単なのでぜひ実行していきましょう。

背伸びダイエットとは

背伸びダイエットとは

背伸びダイエットとは


医師である佐藤万成さんが推奨するダイエット方法です。
背伸びするだけでダイエット効果があるという簡単なものなので、
簡単すぎて効果がないと言う人もいますが、24時間何回でも行えます。
家事の合間の気分転換の背伸びを、この方法にするだけでもいいのです。
背伸びをすることによる脂肪燃焼効果は確実にあります。


背伸びダイエットはなぜ効果があるの?


なぜ背伸びをすることで減量することができるのか?
理由は脊柱起立筋群を刺激活性化し、総合的に基礎代謝をあげるから。
生活におけるすべての動作の基礎代謝が上がるというのは、いつでも減量につながるというメリットがあります。

基礎代謝というのは、何もしていなくても消費されるカロリーのこと。
なんと全体の消費量70%が基礎代謝によるものです。
残り20%は運動によるもの、残りの10%は食事後の消化吸収に使われています。

確かに筋力トレーニングは基礎代謝量があがります。
カロリー消費をしやすい体を作るわけですが、
背伸びダイエットは脊柱起立筋群を刺激することで代謝量を増やす運動方法です。

また、背伸びをすることで内臓の調子も整え便秘解消効果あり。
さらに骨格の矯正にもつながり、引き締まった体になる
ことが結果として出ています。

医者が太鼓判を押す根拠があって、医者が薦めているダイエット方法です。
もちろん簡単です。家事の合間でも実行することができます。
ぜひ実行してみてください。


背伸びダイエットのやり方

        効果があったオススメ記事→買っちゃったよボニック(980円の痩身器具)

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。